スロー猫しめじマニア - 酸素ルーム -
TOP > 酸素ルーム
TOP

リストマーク 【にゃんのお部屋 夏の温度管理】 

【経緯をご存知ない方の為に前置き⇒我が家の二匹のうち1匹「にゃん」は肺気腫により通常酸素濃度では呼吸が困難なのと発作が起きるため自宅酸素ルームで暮らしています。将来ひょっとして参考にしていただける方もいらっしゃるかもしれないのでペットの酸素室自宅管理についての色々を不定期に書いています】 
病気経緯⇒

暑くなってきましたね
おかげさまでにゃんは発作もなく小康状態を保っています。
しかし頭を悩ませることになるのがこれからの季節の酸素ルームの室温対策
色々調べていると酸素ルームの温度管理は冬よりも夏のほうが難しいそうで、クーラーをつけて室温を下げるのは大前提ですが酸素ルームの室温まで下げるにはかなり低温にするか冷風を送りこむ工夫が必要なそうで。
今はまだ5月で夏本番の暑さではないですが我が家は真西で日当たり良好な為年中通して15時以降の室温上昇はそりゃもうすごい!
IMG_6212_2016011021400230e.jpg

酸素ルームの室温対策
自分なりに検索してみると色々方法はあるみたい。ネックは平日は仕事で日中8時間以上留守にすること・・
・凍らせた2リットルのペットボトルをタオルで巻いてルーム内に設置して室温をさげる(真夏の日中溶けずにもつかしら・・)
・保冷剤をルームの上に置いて上から発泡スチロールなどで密閉し室温をさげる(せいぜい午前中しかもたなそう)
・キャリー用の冷却装置(保冷剤一個で2時間位・・)
・小動物・ペット用酸素ハウスクーラー(!!あるやんコレ!と思ったけど現在はこれを作ってる会社の酸素室のオプションレンタルでしか借りれないみたい・・うちは酸素濃縮器を買い取りしてるので条件があわない)
・エアコンの活用 クーラーを低温設定にしで酸素ハウスを設置している室温を下げる(やはりこれが一番簡単なやり方かな 唯一停電コワイけど)


というわけで真夏がやってくる前に、今のうちに色々実験して最適な酸素室室温維持方法を模索しようと思います
多分手っ取り早いのはクーラーがんがん+凍らせたペットボトル作戦かな。

酸素室の外にいる王子は「さっぶ!!」状態でしょうが、まあ王子は適温な場所を探して自分で避難できるのでヨシ
IMG_5123.jpg

酸素濃度計のこと
通常の大気中の酸素濃度は約21%
ペットの酸素室の酸素濃度は大体30~40%が適正とのことでにゃんのルームの濃度も大体それくらいに設定
我が家で買い取りをした酸素濃縮器には濃度を調整するつまみはあるものの目でみて「○%」とわかる表示はなくざっくりとつまみを目いっぱい回した状態で40%位。というざっくりとしたものです(使う酸素ケージの大きさによって濃度は大きく変化する為)
そこで緻密に酸素濃度を測るには写真の右下にあるような酸素濃度計が必要
ぱっと見ただの温度計みたいでしょ?いざ買ってみてびっくりしましたがこの温度計もどきに見える酸素濃度計想像してたよりおったまげるほど高かった。(餃子の王将の餃子一人前がざっと159皿は食べれる計算)
まあでも医療器具同然狂いは許されない製品だけにごもっともなお値段ですよね
(当初半値位で売っていた(それでも高い!)某外国製の濃度計を買って使ってみましたが使い物にならなかったので結局きちんとしたやつを買い直しました)

P_20160208_205434_20160518150440b7a.jpg

ともはともあれニャン 頑張って夏を乗り切りマッショイ!!!
[2016.05.18(Wed) 15:40] にゃんの病気Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by しぃちゃん
おっかあはネコちゃん大好きやから、愛情で治る気がする☺頑張ってね❤

おっかあ➰
HAPPY❤BIRTHDAY

by omu
しいちゃんコメントありがとう
わんちゃんは猫よりもそういうの敏感そうやもんね、なんとなく。悲しいね(/_<。)

お久しぶり by しいちゃん
元気かなぁ?ふとおっかぁとしめじを思い出してブログのぞきました^^猫ちゃん大変だったんね~。でも今は酸素室で落ち着いてるのかなぁ…?最近功の実家のわんちゃんもお母さんが病気になったとたん元気だったのに亡くなって…動物って敏感だなぁって改めて…悲しかったわ。もう一人の猫ちゃんも心配なんやろうね~いろいろ大変だけど頑張ってね~。また会いたいね~。

コメントを閉じる▲

TOP

★イベント関連★

プロフィール

メールフォーム

★いんふぉめーしょん★

最近のコメント

カテゴリー

★月別アーカイブ★

◆しめじ出てます!情報◆

*2009年以前の掲載誌*

◎旅猫写真掲載誌◎

★TV関係★

最近の記事

※当ブログリンクフリーです♪

ユーザータグ

RSSフィード

ブログ内検索

フリーエリア